The Last Dance (1993) / 大病人

『大病人』(だいびょうにん)は、1993年の日本映画である。

癌で余命1年となった男。残りの人生をどう生きるか、どう死ぬかという人間の葛藤を、コメディを交えながら描く。

この作品で日本アカデミー賞において三國連太郎が主演男優賞を、小野寺修が録音賞を受賞した。

 ・ amazon : The Last Dance (1993) / 大病人

The Last Dance (1993) / 大病人のあらすじ

老境を迎える大物俳優兼映画監督の向井武平(三國連太郎)は、癌に冒された作曲家を自ら演じ、同じ病で妻に先立たれるというストーリーの映画を製作していた。酒好きで胃薬を常用している向井は、ある日体の異変に気づき、離婚寸前の妻・万里子(宮本信子)のすすめで、万里子の学生時代の友人である外科医・緒方(津川雅彦)が勤務する病院を受診する。検査の結果、既に末期状態の胃癌であったが、緒方と万里子は本人には告知をしない道を選んだ。ところが、向井は病院内で知り合った患者仲間(三谷昇)から悲惨な癌患者(高橋長英)の実態を知らされ、自分に抗癌剤が点滴されていることに気づく。

向井は激しく緒方をなじり、緒方も向井の扱いに苦悩する。その後、混乱した向井は担当看護婦(木内みどり)を口説いたり、愛人である共演女優(高瀬春奈)を病室へ連れ込んだり、挙句の果て衝動的に自殺を図ったりするが、緒方たちとの対話を通じて、自らの最期の迎え方を決断する。

関連記事

  1. The Funeral (1984) / お葬式

  2. Tampopo (1985) / たんぽぽ

  3. A Taxing Woman (1987) / マルサの女

  4. Woman in Witness Protection (1997) / マルタイの女

  5. Supermarket Woman (1996) / スーパーの女

  6. Rubber Pistle (1962) / ゴムデッポウ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。