Minbo (1992) / ミンボーの女

『ミンボーの女』は、1992年公開の日本映画。監督と脚本は伊丹十三。ヤクザの民事介入暴力(略称:民暴)をテーマとする作品。

公開された直後の5月22日、監督の伊丹が自宅近くで刃物を持った五人組に襲撃され、顔などに全治3ヶ月の重傷を負う事件が起きたが、「私はくじけない。映画で自由を貫く」と宣言した。だが翌年5月30日には次の映画『大病人』の上映中、暴力団組織が映画館のスクリーンを切り裂く事件が起きた。

公開2ヶ月前にはいわゆる「暴力団対策法」が施行されており、世間の注目を浴びて大ヒットを記録した。
 ・ amazon : Minbo (1992) / ミンボーの女

 ・ amazon prime: Minbo (1992) / ミンボーの女

 ・ Youtube : Minbo (1992) / ミンボーの女

Minbo (1992) / ミンボーの女のあらすじ

ヤクザにゆすられ続けるホテル「ホテル・ヨーロッパ」。ヤクザの脅しに屈して簡単に金を出してしまう体質から日本中のヤクザが引っ切り無しに訪れるようになり、危機管理の甘さを露呈し、外務省からサミットの会場の招致も断られてしまう。この状況を打開すべく、総支配人の小林(宝田明)は経理部の鈴木勇気(大地康雄)、ベルボーイの若杉太郎(村田雄浩)の二人をヤクザへの対応役として任命。しかし、何の知識もない二人はヤクザを追い出すどころか火に油を注ぐ結果となり、ますますヤクザの恐喝を悪化させてしまう。見かねたホテルの幹部はついに外部からプロを雇うことになる。それが民事介入暴力(民暴)を専門とする弁護士、井上まひる(宮本信子)であった。

まひるはヤクザ相手に経験と法律の知識を武器に堂々と立ち向かい、鈴木と若杉に「ヤクザを怖がらない」ことを教え、二人は徐々に勇気を持つようになった。そんな中、小林はゴルフ場で知り合った入内島(伊東四朗)という男性に誘われるがまま賭けゴルフをしてしまう。しかし実は、入内島はヤクザ組織の中心人物であり、賭けゴルフをきっかけとして総支配人に仕掛けたスキャンダルの罠をネタに莫大な金をせびろうとする。

なかなか脅迫に屈しないホテルに対して入内島らは街宣車を送り込むなどの嫌がらせを行う。これらの嫌がらせに対抗するためにまひるたちは裁判所がヤクザ事務所に対して不作為の仮処分を申請し決定したのであるが、まひるが若杉の身代わりになってヤクザが差し向けた鉄砲玉(柳葉敏郎)の襲撃を受ける。怒りに燃える若杉は鉄砲玉を打ちのめすが、刺されたまひるは出血多量で病院に担ぎ込まれてしまう。

まひるが病院で生死の境にあるとき、入内島らヤクザは彼女の不在を幸いとして大挙してホテルに乗り込んでくる。まひるなしで交渉に臨む鈴木と若杉・小林であったが、既に彼らは以前の臆病な三人ではなく、決して脅しに屈することをせず、逆に恐喝の言質を取ることに成功する。ヤクザたちは恐喝の現行犯で待機していた明智刑事(渡辺哲)率いる警官隊によって一網打尽となった。

回復し杖をつきながらもホテルを訪れるまひる。そこにヤクザの大親分(小松方正)が大勢の手下を連れてホテルへと入ってくる。しかし鈴木・若杉とホテルの従業員たちはヤクザたちの前に毅然と立ちはだかり、これまでの知識と経験を総動員させ親分たちのホテルの利用をきっぱりと断りつけた。大親分は彼らの姿に薄笑いを浮かべた後、黙ってホテルを去るしかなかった。飛び上がって喜ぶ一同。ホテル・ヨーロッパの成長した姿がそこにあった。

関連記事

  1. Supermarket Woman (1996) / スーパーの女

  2. The Last Dance (1993) / 大病人

  3. Tampopo (1985) / たんぽぽ

  4. A Taxing Woman (1987) / マルサの女

  5. Rubber Pistle (1962) / ゴムデッポウ

  6. The Funeral (1984) / お葬式

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。